新野肉店(馬刺し)(精肉|食肉|肉屋||西置賜郡)TEL:0238-85-0011【なび山形】

なびシリーズで店舗を宣伝しませんか。
なび山形 >  山形県 精肉|食肉|肉屋| >  西置賜郡 >  白鷹町 >  新野肉店(馬刺し)

所属カテゴリ山形県西置賜郡の精肉|食肉|肉屋|を見る。

新野肉店(馬刺し)

0238-85-0011

〒992-0841 山形県西置賜郡白鷹町大字畔藤1749−1

営業時間 : 平日 8:30〜18:30 日曜日 9:00〜18:00 定休日:第5日曜(Web参照)

※営業時間や定休日は変わる可能性があります。

業種ランキング:精肉|食肉|肉屋|

- 特派員コメント -

新野肉店様では、地元白鷹産の馬刺しを取り扱われているとのこと!(Web参照)
いろいろな方がブログにとりあげられています。
人気のようですね!

特派員

さん

新野肉店(馬刺し)の店舗情報

内容を編集

地図

   地図写真ストリート

※地図位置は、登録住所を元にGoogleで表示しています。事業所の位置が実際とは異なる場合がございます。

紹介文

特徴など 事業所 - 店舗の紹介は店舗情報変更から足す事が出来ます。
写真 事業所 - 店舗の紹介は店舗情報変更から足す事が出来ます。

基本情報

会社名・店名 新野肉店(馬刺し)
住所 〒992-0841山形県西置賜郡白鷹町大字畔藤1749−1

ヤマガタケン ニシオキタマグンシラタカマチ クロフジ

最寄駅 荒砥駅(1.3km)
駐車場 あり(Web参照)
営業時間 平日 8:30〜18:30 日曜日 9:00〜18:00 定休日:第5日曜(Web参照)
電話 0238-85-0011
ホームページ
メールアドレス

グーグルストリートビュー

ストリートビュー

※位置が少しズレる場合有。Googleによる利用上限により時間によっては表示されない場合有。

インドアビュー インドアビューは店舗情報変更から足すことが出来ます。

なび特派員の推薦記事

記事をリクエスト
事業者関連情報
なび特派員記事 新野肉店様では、地元白鷹産の馬刺しを取り扱われているとのこと!(Web参照)
いろいろな方がブログにとりあげられています。
人気のようですね!

特派員
情報確認日

2017-01-12確認:これ以降情報が変わる可能性が有ります。

情報登録履歴
関連情報(古い場合が有ります。)と特派員情報を追加しました。(2017-01-12)
休日・営業時間・駐車場情報を追加しました。(2017-01-12)
ストリートビューを追加しました。(2016-12-11)

こちらの情報は特派員が上記日に情報を調べ足しました。情報が変わった場合はお手数ですが下の店舗情報変更より情報の変更をされるかお問い合わせよりお知らせお願いいたします。こちらで変更いたします。

※店舗情報変更はこちらから変更していただけます。

店舗情報変更

もしくは 新規登録削除受付

スポンサードリンク

ご注意ください下記情報は、上記事業者とは関係ありません。関連他社のご近所サーチ結果です。

近くの関連他社

業種別アクセスランキング

なびニュース - 東北地域版 青森・岩手・秋田・山形・宮城・福島

なびニュース - 東北

日本の伝統工芸品には、本当に素晴らしいものが多いですよね!
なかでもえふは、歳を重ねるごとに『漆』の美しさに心惹かれるようになってきています。

あの何度も漆を塗り重ねて生み出される漆黒と輝き、対比が鮮やかな色合いにはため息がでるくらいです。
最近ではこのような文化財が見直されてきていて、お店などでも手にとって眺めることができる機会も増えてきています。

今日はそんな漆塗りに関する話題。
青森県弘前市周辺で伝承されている『津軽塗』に関して、国の無形文化財認定に向けての動きが進んでいるということです。

漆塗りという言葉を聞けば、これまでえふは石川県の輪島塗を思い浮かべていたのですが、津軽地方にも同様に漆を使って食器をつくる伝統や技術があったということを今回のニュースで知りました。
この情報を受けて、津軽塗の青森県漆器協同組合連合会さんのホームページを拝見させていただいたところ、その模様の美しさに感動!

現在では主に4種類の技法を用いて『唐塗』『七々子塗』・『錦塗』・『紋紗塗』という図柄を表現されているとのことです。
どの柄も緻密で繊細で、漆の美しさにより一層の多様性を持たせてあるという感じがします。
そのような表現を出すには相当な数の工程が必要とのことですが、3百年もの間、津軽地方の職人さん達が脈々と確実に受け継がれてきた技術のたまものと言うことができるでしょう。

やはりこういった伝統文化や工芸品は、国として保護してしかるべきです。
器用で繊細で堅実で、日本人の美的感覚の高さを表すような素晴らしい技術と作品です。

ぜひこの『津軽塗』が、日本の無形文化財に認定されることをえふも願っています!
※最近では、この津軽塗を応用してスマホケースなどの受注生産を行っている店舗もあるようですよ(^^)

特派員えふ 2017/07/22

キーワード検索

なびシリーズからのお知らせ!

大規模プログラムトラブルによりご迷惑をお掛けしております。なびシリーズはまだ機能制限がございます。

  • 新規登録・変更・削除受付可能です

なびシリーズ復帰状況
2017/06/29

お時間を頂戴していますが鋭意開発中!

半顔メイク2017|最近の毎日メイク|ダブルラインのかき方|詐欺メイク|THE POWER OF MAKEUP

 う~ん、女性は化ける。。。。。